愛媛県立松山中・松山東高校同窓会 近畿支部
ホーム 役員一覧 卒業生情報 登録方法 松山ゆかりの情報 サイトマップ リンク
松山ゆかりの情報
母校の歴史

明治 5年4月19日

松山県学校を開設

    6年3月15日

英学舎と改称

    8年8月20日

県立に移管し、英学所と改称

    9年8月17日

愛媛県変則中学校と改称

    10年6月-日

北予変則中学校と改称

    11年6月15日

愛媛県松山中学校と改称、創立年とする

    17年5月23日

愛媛県第一中学校と改称

    20年5月23日

愛媛県第一中学校廃校

    21年9月20日

伊予尋常中学校開校

    25年4月30日

伊予尋常中学校廃校

    25年5月16日

愛媛県尋常中学校開校

    29年4月20日

東予(西条)と南予(宇和島)に分校開校

    32年4月1日

愛媛県立松山中学校と改称し、東予・南予両分校独立

大正 5年4月2日

持田町現在地に新校舎竣工移転

昭和 6年2月11日

松山中学校校歌制定、創立記念日を5月16日に定める

    7年4月2日

松山中学校同窓会創設

    13年10月-日

火災後の復興落成式、創立五十周年記念式典挙行

    20年7月26日

戦災のため校舎焼失

    23年4月1日

学制改革により愛媛県松山第一高等学校と改称 通信教育部設置

    23年10月1日

創立六十周年記念式典挙行

    25年4月1日

男女共学実施

    27年1月5日

愛媛県立松山商業高等学校独立により商業課程廃止

    28年2月17日

松山東高等学校校歌制定

    34年10月23日

創立八十周年記念式典挙行

    43年10月26日

創立九十周年記念式典挙行

    45年11月-日

同窓会誌『明教』創刊

    53年10月7日

創立百周年記念式典挙行「静動の百年そして今」の碑建立

    57年8月8日

同窓会創設五十周年記念式典挙行

    62年3月20日

東体育館落成式挙行

    63年10月30日

創立百十周年記念式典挙行(資料館竣工)

平成 10年10月16日

創立百ニ十周年式典挙行

    15年10月16日

創立百二十五周年記念碑「がんばっていきましょい」除幕

松山に関する情報

イメージ

●スペシャルドラマ『坂の上の雲』 放送終了。

 司馬遼太郎の代表的長編小説「坂の上の雲」を原作として、スペシャルドラマ「坂の上の雲」を平成21年(2009年)から3年にわたり放送することが決定いたしました。

 この小説は、昭和43年から47年にかけ、4年3ヶ月にわたって産経新聞の夕刊に連載され好評を博した作品で、司馬遼太郎が明治という時代に立ち向かって10年の歳月をかけ渾身の力で書き上げた壮大な物語です。

 「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかりの幼い日本国家が、そこを上り詰めてさえ行けば手が届くという憧れの欧米国家のことを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えられた思慕ややるせなさがこめられた題名です。

 小説の中では、松山中学での秋山真之と正岡子規の話も登場し、ドラマでは、秋山兄弟と正岡子規の伊予松山での生活姿も見れるでしょう。

この記事に関連する「坂の上の雲 ミュージアム」や
スペシャルドラマについては下記のリンクヘ

☆http://www.sakanouenokumomuseum.jp/☆
「坂の上の雲」
スペシャルドラマ

スペシャルドラマは終了いたしました。
詳しくは下記のリンクヘ

☆http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/☆

イメージ

●坊っちゃん列車、ふたたび

 「坊っちゃん列車」の復元については走行場所をはじめ技術的にも数多くの問題があり困難とされてきました。しかし、地元地域からの熱い声を受け、また地域活性化の起爆剤として、多くの難題をクリアし実現したのです。

 昔、石炭で蒸気の力で動いていましたが、現在はディーゼルエンジンを採用しています。さらに、煙突から出ている煙に見えるものは、蒸気を煙に見たてたものです。環境に配慮した面も新生「坊っちゃん列車」の特徴と言えます。

     この記事に関連する「坊ちゃん列車」
         については下記のリンクヘ

☆http://www.iyotetsu.co.jp/botchan/index.html☆
イメージ

●「子規の俳句を味わう」

 松山市立子規記念博物館は、正岡子規の世界をとおして、より多くの人びとに松山や文学について親しみ、理解をふかめていただくために開設された文学系の博物館です。
 市民の知的レクリエーションや学校の課外学習の場、研究者の研究機関、観光客のビジターセンターとして親しまれています。

 子規の俳句をじっくり味わえる場所になるでしょう。

       この記事に関連する「子規博物館」
          については下記のリンクヘ

☆http://sikihaku.lesp.co.jp/☆
個人情報の取り扱い

(C) 2008 松山中学・松山東高同窓会 近畿支部 All Rights Reserved